教育目標
平成29年度 三好丘小学校 経営方針及び重点努力目標

1 本校の教育目標
 <校訓> よく学ぶ子 助け合う子 たくましい子
 ア よく遊びよく学んで、豊かに個性を伸ばす。
 イ 体験を通して、感謝と思いやりの心を養う。
 ウ 健康的な生活を実践して、たくましい心身を育てる。

2 経営方針
  
楽しい夢の学校を 子どもたちとつくる
 ア めざす学校像
  ・互いを思い合い、笑顔で爽やかなあいさつや返事が行き交う「安心安全で明るい学校」
  ・子どもたちが主体的に学び合い、人権意識をもって自主的に活動する「楽しい学校」
  ・5S(整理・整とん・清掃・清潔・習慣)を日常化した「整ったきれいな学校」
  ・本音で語り合い、認め合い、高め合う「感動のある学校」
  ・校区保幼小中学校・家庭・地域との連携の強化による「支え合い応援される学校」
 イ めざす児童像
  ・基礎学力、基本的生活習慣を身につけ、主体的・対話的に深く学び合い、人権意識と
   夢をもって、よりよく生きる意欲の向上
  ・もっと話したい子、聴きたい子、活動したい子、だれかの役に立ちたい子の育成
 ウ めざす教師像
  ・社会人としての素養と公務員としての高い意識をもち、めざす児童像、めざす学校像の
   実現に向けて、同僚と協働し、授業力や児童理解力、経営力、新しい指導方法への意欲等
   の「教師力向上」に真摯に取り組む教師

3 本年度の重点努力目標
 ア 基礎基本を重視した、共にかかわり合い 高め合う授業
  ・国語科物語文の読解、道徳のテーマ発問型授業の実践研究に取り組み、クラス全員が
   「なるほど」「わかった」「もっと聴きたい、話したい」と思える授業づくりをめざす。
  ・お話タイムや語りをはじめ、主体的・対話的にかかわり合う諸活動の充実を図り、
   自分の思いや考えを表現する力を備えた子どもの育成に努める。
 イ 子どもたちが主体となって活躍する学級づくり・学校づくり
  ・めざす学級や夢の学校にするために、主体的に取り組む子どもの育成に努める。
  ・児童会、委員会、学級が同じ目標に向かって取り組み、子ども達同士で認め合い、
   高め合う学校風土を醸成し、教師はその支援方法を工夫改善する。
 ウ 互いに思いあう心の教育の充実
  ・あらゆる活動を人権教育、道徳教育の視点でとらえ、校区内の保幼小中学校はじめ
   家庭・地域・関係機関と連携を強化し、内面化と実践力の向上に努める。
  ・基本的生活習慣(笑顔・会釈・爽やかなあいさつ、「はい」の返事、整理整頓、廊下歩行
   無言清掃、時間を守る等)ができる子どもを育て、教師はその模範となる。
  ・縦割り活動、通学団・班の登下校を通し、高学年を中心に互いを思いやり、仲良く
   まとまりある集団づくりを育む。
  ・特別な教育的支援を必要とする子どもとその家庭の理解を深め、関係機関との連携も
   強め、共に支え合って生きようとする心を育てる。教師は深い児童理解に努める。
 エ 心と体の健康と安全の推進
  ・「人権意識の高揚」「いじめは許さない」「早寝早起き朝ご飯」に取り組み、三好丘中
   学校区で連携して、規則正しく、心も体も健康で、他を思いやる子どもの育成に努める。
  ・毎日の声かけ、日記、遊びへの参加、朱書き、観察などで、子どもとの心のキャッチ
   ボールを大切にして、安心感・信頼感・満足感・自尊心を高める。
  ・落ち着いて生活する子どもたちの育成に努め、けがの未然防止に努める。




Copyright(C)  Miyoshigaoka Elementary School All Rights Reserved.